支社開設記念事業
 ……A.従来型の単独の『自分史』 に加え、
     B.従来型の域を出た共同執筆の『自分史(○○版 名士録)』

 ※『自分史』をご執筆の方には、弊社編『自分史の手引き』を謹呈

A.『みどりは』(詩歌集)  B.『地域を支えたひとびと(名士)』

midorihabook2

 本社とは違った視点に立ち少部数の自分史などに特化して、熱海に「支社」を開設いたしました。その開設を記念して企画しましたのが、A.従来型の単独での『自分史』と、B.地域名士録ともいえる共同での『地域を支えたひとびと(名士)』です。


 残念なことに世界的に著名な人以外は、せいぜい10年か20年でお名前すら人々の記憶から消えてしまうものです。それならばと何百万円もの膨大な費用をかけて「記念碑」を建立されたり、墓石等に記名される方もいらっしゃいます。
 ご承知のように、通常はご自身の業績や成果等を整理し「自分史」として遺され、ご親族やご友人などに謹呈されてきました。その意味から「自分史」も単独で残される方が、詳細に・自由に記載できるためベストといえます。
 そうしたご自身の努力による自分史が何十年・何百年後に、それまで不明となっていた歴史的事実の解明に大きく寄与した事例も少なくありません。
 しかし、お一人ではそのために、多くの時間とエネルギーが必要です。その点後者の企画は、こうした現状・問題点を打破したものといえるかと思います。


 言うまでもなく、A、Bいずれの形態でありましても、ご自身の想いや足跡・業績・体験などを後世の人々の糧に、との強い信念が前提となっております。弊社はご近所の印刷所などからの出版とは根本的に異なり、出版社としての長い経験と実績を踏まえてのお手伝いができるものと確信いたしております。常に弊社のベテラン編集者がいろいろとアドバイスをしますので、執筆が苦手・不慣れな方もどうぞご安心してお気軽にお問い合わせください。


 具体的な出版形態やページ、装丁などが確定した段階で、改めて『見積書』を作成し送付いたします。その内容・金額などをご確認いただき、ご納得された上ではじめて契約となり、ご成約までは無料ですのでご安心下さい。


 これらの出版形態とその特徴をご理解いただき、長年の研究成果や業績、趣味など「貴重な足跡、ライフワーク」の作成をお手伝いさせていただくとともに、ご希望により無料で電子書籍化し、一般社団法人日本電子書籍館へ掲載することも可能です。どうぞ国会図書館などでの永久保存に加えて、単なる従来の紙媒体にはない全世界的視野での購読者の広がりを、弊社からの出版によって実現し、遺されてはとここにご案内させていただきました。


 どうぞお気軽に、お問い合わせいただきますことをお待ち申し上げております。